看護師の子育てと仕事の両立が大変だと思う時

年末年始の夜勤ってどう??大晦日に夜勤入りって結構キツイよね・・・(T_T)

病院など24時間365日稼働している職場って、盆や年始年末の勤務がどうなるか...シフトが出るまで気になりますね(´・Д・)」

出来れば休みを取りたい...けど、希望を出したいのはみんな同じですよね(´・_・`)

年末年始といったら、やはり気になるのは大晦日の夜勤です。

大晦日は大掃除に、正月料理の準備に大忙しです_φ(・_・
夜は、紅白歌合戦をみて、年越しそばを食べたり、初詣に行ったりしたいですよね。

元旦の朝は、みんな揃って年始のご挨拶をして、おせち料理やお雑煮を食べ、ゆっくり過ごしたい...♪( ´θ`)ノ

だから、大晦日の夜勤に当たった人は、ものすごいハズレ気分( ;´Д`)

今年は、独身のナースが大晦日の夜勤になっていました。

一番無難...なんて思ってしまいましたが;^_^A

去年は、私も大晦日夜勤に当たってしまったんですよね(−_−;)

本当にがっくり(T ^ T)
子供たちもさすがに、「え〜っ!」とブーイングです(-。-;

大晦日は、いつものように昼寝をする暇もありませんね(´Д` )

おせち料理も準備しなくてはならないし、お雑煮の準備もしておかなきゃ。
年越しそばは、夫に茹でてもらうにしても、おつゆは作っていかなきゃね...とバタバタです。

大掃除は、大晦日前にでかしておかないととても無理(´・Д・)」

一年の締めくくりの日ですから、そんな日に夜勤となると、気持ちもそわそわ落ち着きません(・_・;

あ〜ぁ、せっかくの年越しに家にいないなんて最悪...と思いつつ、仕事だからしょうがないですよね。

年末から外泊に行く患者さんも多く、病棟はわりと静かな夜を迎えようとしていました。

大晦日の夕ご飯は、お刺身や天ぷらがつき、患者さんも美味しいと喜んで食べてくれました♪( ´▽`)

いつもは21時の消灯ですが、紅白歌合戦をみる患者さんもいるため、今日だけは特別遅めの消灯です。

何事もなく終わるといいなぁ...なんて思っていると、緊急入院やら、急変やら...( ;´Д`)

除夜の鐘を聞くこともなく、気づけば朝方...。
途中、スタッフ間で年始のご挨拶をしつつ、慌ただしい夜勤。

やっぱりバタバタなんだなぁ...とがっくりですね( ;´Д`)

それでもなんとか残業なしで、帰宅。

帰るとお風呂に入り、すぐにお昼の準備です。

夜勤明けの元旦は、なんだかスッキリした正月ではないですね(;´Д`A

やはり、大晦日の夜勤は、主婦にはキツイですよねヽ(´o`;

2014年1月 3日|

おむつ交換が生理的に無理!と辞めてしまう看護師・・・(;一_一)じゃあ看護師になんてならなきゃいいじゃん・・・(--〆)

看護師の仕事は、キツイ、汚い、給料安い!3Kなどと言われていましたね(´・Д・)」

最近は、看護師不足を解消するため様々な取り組みがされ、福利厚生を充実させる職場も増え、だいぶ働きやすくなったなぁ...って思います(*^^*)

しかし、やはりキツイし、汚い仕事は変わりありませんね(T ^ T)

人の命を預かる仕事ですから、体力的にも、精神的にもハードでキツイ仕事です。

吐物や汚物など汚いものも扱わなくてはなりません。

しかし、そんな大変な仕事だからこそ、やりがいを感じながら仕事をしているナースは沢山いますよね。

しかし、最近は働き始めてから、オムツ交換など汚い仕事はしたくない!
吐物を見ると吐き気がするから、触りたくない。
褥瘡が気持ち悪いから、見たくない。

そんな事をいう看護師も中にはいますね(´・Д・)」

オムツ交換が生理的に受け付けないから退職する。

そんな理由で退職⁈Σ(゚д゚lll)って思ってしまいますが、やはり人には得手不得手がありますからねf^_^;

生理的に受け付けないことを、仕事で強いられるのは、非常にストレスでしょうし、苦痛なことですよね。

病棟など、毎日何度も行わなければならないことですから、やはり避けることは出来ません( ;´Д`)

しかし、看護師の仕事は必ずしもオムツ交換などしなければならないわけではありません。

汚物や吐物、褥瘡などあまり関わりなく働ける仕事もあります。

検診の仕事や、採血センター、オムツ交換などは介護士がおこなってくれるデイサービスなどであれば病棟ほど、そういった機会はありません。

看護師の仕事はキツイことや、汚い仕事は当たり前...といった認識はありますが、様々な職場で必要とされています。
自分に合った仕事を探せるといいですね^_^

2013年12月 3日|

子育てと仕事の両立が大変だと思う時

一昔前は、男性は外に出て働き、女性は家庭を守るという状態が当然のように思われていましたが、
現在では、共働きの家庭が、とても増えています。

子供が小さいうちは、家庭を守る生活をしていても、子供が成長し、小学生くらいになると、
ほとんどのお母さんは、働き始めています。

私は、職業に関係なく、育児と仕事を両立させているお母さんは、立派だなと思っています。
私の場合は、看護師という職業なので、不規則で残業も多く、子供に寂しい思いをさせているんだろうな、
と考えてしまい、果たしてこれが、両立させていると言えるのだろうか、と思う時があります。

子供の体調が良くなかったりすると、親戚などから、子供に寂しい思いをさせているから、
と嫌味を言われる時があります。
深い意味はなかったのかもしれませんが、私には、その言葉がとても深く胸に突き刺さりましたね。

私の下の子供は、喘息を持っていて、熱を出しやすく、毎月のように入院をしていました。
毎晩続く喘息に寝不足が続き、とても辛かった時があったんですが、私以上に、子供は辛い思いをしていたんですよね。
仕事を辞めて、そばについていてあげようかな、と思った事も多々あります。

子供が小さいうちというのは、育児がとても大変です。
すぐに熱を出したり病気をするので、目が離せない時が沢山あります。

困った時に力になってくれるのは、やはり家族です。
子育てと仕事を両立させる為には、家族の協力は絶対に欠かせません。
家族に協力してもらう事で、心の支えにもなります。

看護師というハードな仕事をしていても、協力してくれる家族がいて、子育てに理解のある職場であれば、
子育てと仕事の両立は難しくないかもしれません。

2013年11月13日|

単発夜勤バイト

夜勤の仕事は、給料が高く効率良く稼ぐ事ができるので、人気がありますよね。
単発バイトの中でも、夜勤は人気がある仕事です。

しかし、単発夜勤のバイトは、職場によって業務内容に大きな差があります。
一般の病院で働く場合には、看護師としての仕事が中心となり、常にチームワークが必要となります。
スタッフの人数が少なくなる夜勤は特に、チームワークが取れていないと、スムーズ仕事を進める事ができません。
さらに、患者さんの名前や背景、疾患などすべてを把握していないと、怖くて看護をする事ができません。
その為、単発での仕事はとても難しいですね。
実際に、一般病院での単発夜勤バイトは、ほとんど求人がありません。

単発夜勤バイトのほとんどは、福祉系の職場ですね。
老健や老人病院などでは、常に看護師が不足しています。
夜勤ができる看護師も少ない為、求人は豊富です。

しかし、このような人手不足の職場は、業務内容がハードという可能性があります。
福祉系の職場では、看護師の仕事というよりも、介護の仕事がメインになりますが、介護士やケアワーカーが充実している職場であれば、
看護師にそれほど負担はかかりません。
しかし、介護士もギリギリの人数で回しているような職場は、介護の仕事も行う必要があります。

看護師としての仕事に、トイレ介助やオムツ交換、食事介助などの仕事が加わると、体力的にもとてもハードです。

単発夜勤のバイトを探す場合には、看護師求人情報サービスを使って、事前に職場の状況をチェックする事をお勧めしますね。
いくら単発とはいえ、ハードな職場ではストレスが溜まりますよね。
特にダブルワークをしている方の場合、本職に支障が出ないように、仕事を選ぶ必要があります。

2013年11月 2日|

内科病棟について

私は、内科病棟で働いています。
勤めている病院は急性期病院なんですが、実際には、長期入院している高齢者の方がとても多いんです。

というのも、退院しても帰る先がなかったり、家族がいなかったり、在宅での介護を依頼しても、家族も配偶者も高齢の為難しかったり、
といったケースが沢山あるからなんです。

ケースワーカーが中に入って、老人施設や療養型の病院を探してくれるんですが、現在では、どこの施設も一杯で、利用者待ちの状態です


転院先が見つからない為に、病院での滞在日数が増えてしまうという結果です。
このように、行き場のない高齢者の方が多いので、看とりまで行うケースも、決して少なくありません。

高齢者の方は、いろいろな疾患を持っている事が多く、たとえ内科病棟でも、整形外科や脳外科の治療や処置を行ったり、
それぞれの科の内服の管理が必要となります。
その為、内科以外の知識や経験が必要となってくる場合もありますね。

外科病棟というのは、オペの為に入院し、オペが終われば退院する方がほとんどで、滞在日数は短いですよね。
それに比べると、内科病棟は、帰る先のない高齢者の入院先として、一番手っ取り早い感じで、治療のゴールがない方も多く、
患者さんの滞在日数は増えてしまうばかりです。

このような高齢者の患者さんを見ていると、何とも言えない悲しくて辛い気分になる時があります。
長期入院していても、誰もお見舞いにくる事がない、という患者さんも少なくないんですよ。

高齢者社会が進むにつれて、ますます問題点が増えてくると思いますが、1人でも多くの高齢者の患者さんが入所できるように、
長期療養型の病院や、老人施設の拡充を、一日も早くして欲しいと思っています。

2013年9月30日|

脳外科病棟について

脳外科病棟は高齢者の患者さんが多く、体力も必要となる病棟です。
認知症や脳梗塞などの脳疾患の方がほとんどで、寝たきりの患者さんも多いですね。

急性期の脳梗塞や脳出血の方は一刻を争う状態ですから、ICUに行き、医療機器を使って常にモニターで監視している状況です。
患者さんが病棟に移ってくる時には、慢性期になっている事がほとんどです。

脳外科病棟では、患者さんの日常生活の介助や、認知症の方の安全確保、寝たきりの方のケアなどが主な仕事となります。
寝たきりの方のオムツ交換や清拭は、とても大変ですね。詳しくはコチラ


スタッフの人数が少なくなる夜勤は、特に大変です。
高齢者の方は、夜間の不穏が多く、認知症の方の症状も強く出る傾向があります。
夜間に歩きまわったり、危険行動など、予想外の行動をするか方が多く、常に監視している必要があります。
中には、暴言や暴力をする方もいますから、精神的にもキツい場合が少なくなりません。
夜間のスタッフが2、3人しかいない場合、1人がオムツ交換や体交に入ってしまうと、
残った1、2人のスタッフで検温や処置、見回りをすべて行わなくてはなりません。
夜間に入院などあった場合には、仮眠や休憩などは、とても取れる状況ではなくなりますね。

2交代の夜勤は、16時間労働です。
16時間もの長い間、神経や体力を使って仕事をし続け、休憩や仮眠が全く取れないとなると、翌朝にはもうフラフラです。

病院によっては、看護助手や介護士が働いていたり、夜間でもスタッフの人数が充実しているところもあります。
脳外科病棟は体力的にもとてもハードな職場です。
脳外科病棟で働く場合には、事前にスタッフの人数や業務内容を確認する事をお勧めしますね。

2013年9月30日|

民間病院の外来でパート看護師

民間病院で働く場合、大きく分けると、病棟勤務と外来勤務に分かれます。
病棟の勤務に比べると、外来で働いている看護師は、既婚者や子育てをしている方が多いですね。

病棟の勤務は、日勤も夜勤もあり、土日の出勤もあり、残業も多いんですが、外来の場合は、
土日は休みで、残業もそれほど多くありません。
同じ外来でも、救急外来の場合は、バタバタと忙しい環境ですが、一般の外来は規則的に仕事ができる環境です。

その点が、ママさんナースや既婚者に人気があるポイントだと思います。
私は、今までにいくつかの民間病院で外来のパートを経験してきましたが、どの職場も、
ほとんどの看護師が既婚者やママさんナースでした。

それぞれ勤務時間が異なっていたので、時間になると帰るといった環境で、残業はありませんでしたね。
病棟で働いていると、担当の患者さんがいる為、急変などがあった場合には帰る事ができず、残業となります。
しかし、外来では、自分の仕事が終われば業務は終了です。
点滴などで、多少診察が長引く事もありますが、気になるほどの残業はまずありません。

時間通りに仕事を終わる事が出来る為、家庭や子育てと両立させたい看護師にとっては、
ピッタリの職場だと思いますね。

しかし、救急外来以外にも、科や病院によっては、患者さんが多すぎて忙しかったり、診察がなかなか終わらないような職場、
土曜日も診察している職場は沢山あります。

せっかく外来を選んでも、忙しすぎるようでは、病棟で勤務しているのと変わりがなくなってしまいますよね。
それでは、家庭と育児と仕事の両立は難しくなってしまいます。
残業が少なく、落ち着いて仕事ができる外来を探すには、職場環境を事前に調べる事が大切ですね。

2013年9月30日|

看護師転職サービスのパート看護師の口コミ


看護師の中には、結婚や出産を機に現場を一旦離れる方が、とても多いですよね。
特に子供ができると、独身時代と同じように働くのは難しく、常勤ではなく、
パートや派遣として仕事に復帰する事を考えている方が多いようです。

常勤で働く場合、日勤も夜勤もありとても不規則です。
残業も多く、土日の出勤もある為、育児や家族との時間をなかなかゆっくり取る事ができませんよね。

しかし、パート看護師であれば、自分の都合に合わせて働く事ができます。
派遣看護師も、自分の都合に合わせてスケジュールを組む事ができます。

そのような事から、パートでの働き方は子育てをしている看護師にはとても人気があるんですよ。

でも、なかなか希望のパートの求人を探すのは難しい、と思っていませんか?
そのような方も、看護師転職サービスを利用すれば、多くの求人から、
自分にあった職場を探す事ができるんですよ。

仕事と子育てを上手く両立させる為には、子育てを優先できる、子供中心に仕事ができる職場を選ぶ必要があります。
いくらパートでも、実際に働いてみると、残業が多かったり、勤務時間の希望が通らなかったりしたのでは、
パートで働く意味がなくなってしまいますよね。

看護師転職サービスを利用すれば、コンサルタントさんが、希望にあった求人を探してくれるので、
安心してお任せする事ができるんですよ。

私は、看護師転職サービスを利用して、子育てと仕事を両立する事に成功しています。
自分の希望が通りやすく、スタッフも子育てに理解があり、保育園のお迎えに間に合うように、時間を調整してくれています。

パート看護師の仕事を探している方には、看護師転職サービスを利用する事をおススメしますね。

2013年9月30日|

外来で日勤常勤(^_--)--☆

私が以前勤めていた職場は、3交代で夜勤がありました。
その職場を、出産を機に退職したんですが、4年間のブランク後に、仕事に復帰しようと思いました。

しかし、4年間ものブランク後で、夜勤がある常勤の仕事は自信がありませんでした。
初めての転職だったので、何から初めていいかもわからず、何と言っても一番の不安は、子育てと仕事の両立でした。
仕事に復帰する事で、子育てが疎かになってしまい、子供にしわ寄せがいくのではないかと、とても悩みました。

知り合いの看護師は、出産後に常勤で復帰する人は一人もいなく、派遣で働いていたり、
子供が小学生になるまでは、主婦をしている、という人ばかりでした。

私は、日勤常勤を希望していたんですが、どんな生活になるのか、給料面など、アドバイスをもらえるような知り合いもいなかった為、分からない事だらけでしたね。

そんな時に、看護師求人情報サービスの事を知り、仕事内容を確認する為にも、利用してみる事にしました。

看護師求人情報サービスに登録すると、医療業界に詳しいコンサルタントさんが、希望に合わせて、いろいろな提案をしてくれます。
私のようなママさんナースにとって、おススメの働き方や、日勤常勤の業務内容、人間関係の良い職場など、とても参考になりました。

現在は、内科外来で日勤常勤をしています。
外来というのは、ママさんナースが多く、子育てにたいする理解があるので、とても働きやすいです。
子供の急病などの都合で欠勤する時にも、同僚も上司も理解してくれているので、安心して働く事ができますね。

日勤常勤も、職場によって業務内容が異なりますから、看護師求人情報サービスで、職場の情報を確認した上で、看護師転職サイトで自分に合った職場を探す事をおススメします。

2013年9月28日|


占い 電話 2ai 大阪 相互リンク 占いの銀河 賃貸 相互リンク cawaii.nu